モノクロ依頼すると安くなる?

モノクロ依頼すると安くなる? 車や冷蔵庫等に張る事のできるマグネット印刷は、通常の印刷物とは違い目に付きやすい場所に手軽に貼って活用できるため広告とノベルティの特徴を兼ねている点が特徴です。
またチラシよりもすぐに捨てられてしまう事が少なく、必要になった時に電話番号等を活用してもらいやすくなります。
カラー印刷は見栄えが良くなり、自由な表現が可能となる一方でコストが高くなってしまうというのがデメリットです。
一方のモノクロや単色であれば使用するインクが一種類で済むためコストを抑えられるようになります。
マグネット印刷のデータを入稿する場合、カラーであればCMYKモードですがモノクロであればグレースケールあるいはKのみを用いるのが基本です。
カラーをCMYKモードにしなくともRGBでも対応可能な場合もありますが、思い描いていたイメージの色合いと仕上がりが異なってしまう場合があります。
製作するマグネット印刷のサイズや材質は、屋内や屋外等使用するシーンによって選ぶようにします。

マグネット印刷のプリントデータは色を意識して企画する

マグネット印刷のプリントデータは色を意識して企画する マグネット印刷のプリントデータを企画する際、意識したいのがデザイン案の色合いです。
業種によって最適なイメージカラーというものがあり、例えば水道業者なら水を連想させるブルーやライトブルーなどが適しています。
野菜を主に扱うネットショップを運営する企業なら、オーガニックな印象を醸し出せるアースカラーがお勧めです。
また同じ飲食系のサービスでも、顧客層が主に若い女性向けであれば、マグネット印刷に採用するメインカラーはピンクや淡い紫などフェミニンな雰囲気を演出できるものにしたいところです。

マグネット印刷に掛かるコストは、近年とてもリーズナブルになりました。
いわゆる単色でプリントアウトしなければコストが多く掛かる、という心配は不要です。
フルカラー印刷を依頼しても、低コストで制作してもらえますし、小ロットでも安価なので安心できます。
個人事業主や中小企業でも、気兼ねなく依頼出来る価格帯ですので、マーケティングに投資したい時にはマグネット印刷を検討してみましょう。

新着情報

◎2020/12/8

値段は色によって違いは出るのか
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

モノクロ依頼すると安くなる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット モノクロ」
に関連するツイート
Twitter
n